身体を温めない!過度な飲酒や運動は控える

脱毛後に飲酒をしてはいけない理由

全身脱毛を受けた後は、絶対に飲酒をしてはいけません。その理由は、飲酒をすると体の血行がよくなって体温が一気に上昇するからです。そもそも脱毛の施術を受けた直後は、肌はいつもよりも敏感な状態です。その状態の時に体温が上がると、炎症、痒みや湿疹などの肌トラブルが起こりやすいと言えます。さらに、ビールや日本酒などのアルコール類は、体内の水分を奪う性質があります。したがって、過度に飲酒をすると肌が乾燥しやすく、シミやたるみなどに繋がるというわけです。このような理由から、全身脱毛を受けた後はお酒は控えた方がいいと言えます。もしも会社の飲み会に誘われて断れなかったら、ノンアルコール飲料で過ごすようにしましょう。

脱毛後に激しい運動が駄目な理由

全身脱毛をサロンで受けた後は、激しい運動は控えた方がいいでしょう。その理由は、レーザーや光の照射を受けた直後の肌は熱がこもっている状態だからです。激しい運動をすると全身の血流が良くなり、体温が一気に上昇していきます。その結果、体に溜まった熱が放出しづらくなり、赤みや炎症、かゆみなどのトラブルが起こりやすいです。体質によっては熟睡できな程の強いかゆみを感じるケースもあるので、注意しましょう。また、施術の後に運動をすると、皮膚の毛穴に雑菌が繁殖しやすく肌トラブルが発生する可能性もあります。脱毛後の肌がかなりデリケートな状態なので、雑菌が大量に繁殖すると毛嚢炎になるリスクもあります。激しい運動をすることでトラブルに繋がるので、少なくとも施術を受けてから数日は控えると良いでしょう。